アクアリウム

アクアリウム設置

ネイチャーアクアリウム

魚を飼うには水槽をセットしなければ始まりません。

先ずは水槽の設置場所を決めて実際に水槽を置いてみましょう。

日光が射し込む場所やテレビ、冷蔵庫のような電化製品の近くはやめましょう。

しっかりとして水平が取れた台に置き、あらかじめバックスクリーンを貼って置くと良いでしょう。

安全のため、水槽専用台の使用をオススメします。

 

 

アクアリウム 砂利などの底砂をよく洗いアクアリウムに入れる

洗剤などは絶対に使わず、ザルやバケツに入れて水道水で洗いましょう。

ソイル系の底砂は洗わず、そのままご使用ください。

ネイチャーアクアリウム アクアリウムに水を張る

水道水をバケツに入れ、お湯を加えて温度調節をし、コンディショナーなどでカルキを抜いてから水槽に2/3入れましょう。

マリンアクアリウム フィルター・ヒーター・エアポンプなどを設置

照明以外の商品を形だけ設置してください。この時点では、まだコンセントには繋がないでください。

これから水槽内をレイアウトするため照明は邪魔になりますので、後で設置します。

アクアリウム 流木・石・水草などでレイアウトをする

ヒーターやパイプなどは、流木などの飾りものを使って上手に隠すと、水槽内がすっきりしてキレイになるでしょう。

ネイチャーアクアリウム アクアリウムに水を一杯に張る

水草などが入っているので、レイアウトを崩さないように、カルキを抜いた水をゆっくり注ぎ込みましょう。

ゴミが浮いていたらネットですくい、仕上げにバクテリアを入れるましょう。

マリンアクアリウム 照明をセットして全ての器具をコンセントに繋ぐ

コンセントの数が足りなかったり、遠かったりしたら、延長コードを使いましょう。

すべての器具が作動しているか、一つ一つチェックしながらコンセントに繋ぎましょう。

アクアリウム 魚を買いに行きアクアリウムに放す

マリンアクアリウム

最低でも一晩経過してから魚を放ってください。

1〜3日も経てば水槽の水はきれいになります。

購入時に店員に聞いて、始めは丈夫な魚を規定量の1/3程度入れると良いでしょう。

持ち帰ったら、必ず「温度あわせ」と「水あわせ」をしてから水槽に放してあげましょう。

エサは最低1日以上空けてから少量ずつ与えましょう。

水槽購入時に魚を同時購入されるケースが多いと聞きますが、水槽設置後に魚を購入することを忘れないでください。

主な観賞魚の水槽容量目安

金魚 45cm(約35L)以上がオススメです
メダカ 30cm(約12L)以上がオススメです
タナゴ 45cm(約35L)以上がオススメです
熱帯魚・水草 60cm(約55L)以上がオススメです
海水魚・サンゴ 60cm(約55L)以上がオススメです
アクアリウムの参考料金 観賞魚・飼育用品専門店グローバルフィッシュしんせつ観賞魚のお問合せはこちら

 【外部サイト】

しんせつオフィシャルサイト

Copyright(c) 2015- グローバルフィッシュしんせつ All rights reserved. カモミールかもナビ